安全と安心の追及

仲間の多い職場です。

人員にゆとりがあるため、薬を渡す時や小分け作業の際は別の薬剤師や医療事務が必ずチェックする、ダブル、トリプルチェックを 実践していることを明記します。

最新の技術を導入しています。

ピッキング監査システムの概要をわかりやすく説明し、秋田では導入例が少ないことを挙げ、それを全店導入していることを明記したいと思います。人の目だけでなく、機械の目も通すことをアピールします。

患者さまも社員も、当社の万全のしくみで守ります!

インシデントは記録し、重要なインシデント(薬の渡し間違えなど)は社長へ直接報告。月に1回、管理薬剤師会議を開き、全店で失敗と反省を共有していることをアピールします。

220年の歴史は私達の財産です。

「佐野薬局」というのれん、ブランドをお客様に信頼してもらえているからこそ
現在も事業展開していることを明記します。実務の面でも、歴史によって
培われた独自のノウハウ(例えば、処方箋に書かれた薬の原材料名を
実際に渡す薬剤の名前に書き直す、㎜などの単位の所には赤線を引いて
周りの仲間にも注意喚起する、など)も入れます。
ミスが少ない、誠実な経営が現在まで会社が存続している所以だということで締めたいと思います。