H25年4月入社 新卒社員座談会

参加者
  • 菊池 慎吾
    (きくち しんご)
  • 菅原 千恵子
    (すがわら ちえこ)
  • 菅原 史歩
    (すがわら しほ)
  • 菊地 楓
    (きくち かえで)

入社前の不安を教えてください。

菅原(千)
薬局って人が足りてない分、すごく忙しいイメージがあって…。入ったらすぐにあれやって、これやって、と言われ、服薬指導などもすぐにやらないといけないのかなって思っていました。実習で体験したことはあったんですけどやっぱりブランクもあって忘れている所もありますし、すごく不安でした。ですが実際に入ってみると、忘れていた所を順々に思い出せるような研修プログラムを計画してくれていて、すごく安心しました。
ですので、心にゆとりを持って働くことが出来ています。
菊地
医療事務について全く学んでいなかったので、最初はやはりとても不安でした。
ですが、先輩が丁寧に優しく教えてくれているのでその不安も今はないです。あとは栄養士としてどんな仕事をしていくのか、という点も不安だったのですが、その点も先輩がすごく考えてくれているので、助かっています。
菅原(史)
栄養士入社一期生なので前例がないのが不安でした。ですが、患者様から質問を受けてわからなかった時、患者様にどのような対応すれば良いかアドバイスをしてもらったり、みなさん親身になって「みんなでやっていこう」と支えてくれるので、すごく励みになります。
菊池
僕は現役生より歳を重ねている分、普通の新卒入社とは扱いが違うんじゃないかと思っていました。実際に周りからも扱い方が違う、とか、ハードル高くなると思うよ、などと言われていましたので…。
でもさっき千恵子さんが言っていたようにカリキュラムに沿って今日はこれ、明日はこれ、と研修期間の六か月間、一つずつ丁寧に教えてくれています。
また仕事や勉強だけではなく、くだらない雑談などもどんどん振ってくれるのですごく感謝しています。先輩は本当にいい人ばかりです。
菊地
二人の研修スケジュールが壁に貼ってあってよく目に入るんですが、一週間ごとにちゃんと貼り替えて、しかも決め細やかに指導内容等が書かれていて、すごいなぁって感じています。

入社して3ヶ月が経ちました。正直…どうですか?


菊池 慎吾
薬剤師
好きなもの:友人と飲むときのアルコール

菊池
社会人になるにあたって、社会はすごく厳しいものなのだろうなと考えていました。
厳しさに揉まれて人間的に成長していくのだろうな、と。
しかし、僕が色々なミスをしてしまった時も、わからない所はどんどん聞いて欲しいと言ってくれています。
心の中では忙しいときにミスをされると腹が立ったりしていると思うのですが、それを決して顔に出さず質問しやすい雰囲気、環境を作ってくれています。
まだ3ヶ月ですが、本当に佐野薬局に入って良かったと思っています。
菅原(千)
私の勤務している店舗は先輩たちが皆さん経験豊富なので、何を聞いても丁寧にわかりやすく教えてくれるので、すごく感謝しています。
菅原(史)
人柄の良さ、というのが社風としてあるんだと感じています。皆さんが話しているようにすごく穏やかで…。助けてあげようっていう空気でやってくれているので、本当に働きやすいなって実感しています。雰囲気が良くて。
菊地
栄養士として入ったので、最初は医療事務のことが全く分からなくて…。それでも一から懇切丁寧にわかりやすく教えてくれる、すごく優しい先輩たちに囲まれています。
やっぱりミスもするんですけど、その時もきちんと原因と対策を教えてくれるので、ただ怒られるということが無いんです。

入社して嬉しかった出来事を教えてください!


菅原 千恵子
薬剤師
好きなお菓子:エンゼルパイ

菊池
小さなことですが、分包紙の取れ換えや分包機のトラブルをうまく戻すことができたことです。
菅原(史)
私は薬剤師の方に、「入力が速くなったね」と言われたことです(笑)
菊地
私は初めて処方箋を受け取って入力し、薬剤師の方に出した時ですね。出しちゃったよ、みたいな(笑)
菅原(千)
私は何回も聞いて申し訳ないことを、聞かずに間違うよりはと思って恐る恐る「何回も聞いてすみません」と聞いた時に、先輩が丁寧に教えてくれて、しかも「失敗する前に何度も聞くのはいいことだよ」と言ってもらえたことです。すごくホッとしました。
菊池
失敗しても怒らないでくれるんです。仕事は失敗して覚えていくんだよ、と言ってくれています。失敗することで対処法も覚えるし、と。本当に恵まれています。

ワークライフバランスはどうですか?

菊地
休日はしっかり貰えています。
菅原(史)
休みたい日を融通してくれるので、予定も入れやすいです。
菊池
仕事を充実させるためには休みが重要と会社が考えてくれていますので、ありがたいです。
菅原(史)
公休の消化にも会社全体で積極的に取り組んでくれていますよね。

休日の過ごし方を教えてください!

菅原(史)菊地
私たちはマンガが好きなので(笑)、マンガを読んでリフレッシュしています!
菊池
どんなマンガが好きなの?
菊地
うーん…少年系かな?
菅原(千)
二人とも共通している感じ?
菅原(史)
共通、というほどでもないんですけど、趣味がよく似ているんですよ(笑)
菅原(千)
私は人に言える趣味が欲しくて、お菓子作りにハマっています。人生初なんですけど(笑)
菊地
どういうのを作るんですか?
菅原(千)
インターネットでレシピを拾って、お手軽なのからチャレンジしています。ホットケーキミックスで作られる簡単なものとか…。味は、たぶん大丈夫です(笑)
菊地
できたのは家族みんなで食べるんですか?
菅原(千)
私一人で食べちゃいます。ムシャムシャっと(笑)
菊池
僕は人としゃべることが好きなので、近くに住む友達と話したり飲んだりしています。
あまり趣味がないので、何か新しいものを見つけようかなって考えています。
仕事にもう少しゆとりができたら探し始めたいと思います。

患者様との触れ合いはどうですか?


菅原 史歩
管理栄養士
好きなTV番組:ホンマでっか!?TV

菊池
実際まだ患者様に薬を出す段階まではやれていないんですけど、インストラクターの先輩が患者様役をやってくれたり、事務の方が自分の処方箋を持ってきてくれたりとロールプレイで経験を積んでいます。
菊地
私もまだ実際に接するところまでは到達していなくて、先輩薬剤師が指導している横で指導の仕方を学んでいます。ただ、勤務して二日目に栄養士、と書かれた名札を見て患者様に「あ、栄養士なんだ。」と声を掛けてもらいました。
菅原(史)
薬局事務として栄養士がいるのがまだ珍しいのかなって感じています。すごく興味深そうに見られることもあるんですよ(笑)市立病院の勉強会の様子もよく見学しているんですけど、そこで患者様側から出される質問がすごくハイレベルで。よく調べていらっしゃるんだなと感じました。そういった患者様からご質問を受けた時に自分がちゃんと答えられるようにしっかり知識を身に付けないと、と感じました。

薬剤師と栄養士との連携はありますか?

菊地
いい意味で病気の考え方が薬剤師と栄養士とでは違うんだな、と感じました。研修で病態を見てどういう薬を出したり、検査をすればいいかというのを考える機会があったんですけど、専門的な方向で考えるのが薬剤師で、食事や日常生活などの面から考えていくのが栄養士なんだなって。発見があって視野が広がりました。栄養士養成の大学にいると考え方も皆似てくるんです。ですので、入社してみてすごく刺激を受けました。
菊池
先輩の薬剤師が患者様に接するとき、横で見学していると食事のことを質問される患者様がすごく多いんです。これは大体何キロカロリーなの?とか、私の病気にはどういった食事がいいの?など…。
菅原(千)
そう。よくあるんです。
菅原(史)
服薬指導の際によく食事に関しての質問などが聞こえてくるので、そういった所で連携していけるようにこれからなりたいですね。薬剤師の方からもそうなってほしいって言われます。栄養士が指導する時間を作ってみたいね、とも言ってくれました。

将来的に、どんな薬剤師、栄養士になりたいですか?


菊地 楓
栄養士
好きなアイドル…山口 百恵

菊地
薬と栄養、両方を理解できる栄養士になりたいです。薬剤師と親しくできる職場ってそんなにないと思うんです。病院は医師や看護師、薬剤師、臨床理士など万遍なく付き合うのに対して、薬剤師とだけ密に接していく栄養士は薬局だけだと思いますので、その点を活かしていきたいですね。
菅原(史)
地域の方との距離がすごく近いので、患者様も気軽に話しかけてくれるんです。そうした中で食についての質問が出た時に、的確に答えられるようになりたいです。気兼ねなく質問してもらえる、そんな栄養士になりたいですね。
菊池
1年後や2年後には無理だと思うんですけど、あの薬剤師さんから薬をもらいたい、と言われるようになりたいです。リピーターとなってくれる患者様がいてくれるようになったら嬉しいですね。
菅原(千)
私は秋田弁を使いこなして年配の患者様と気軽に話せるようになりたいです。
そうすることで服薬指導もやわらかい印象を与えることができたらな、と。
地域の方に寄り添える薬剤師になりたいです。

ありがとうございました!