H22年入社 【奈良 健一さん】管理薬剤師に必要なもの

銀河薬局本店 工藤真帆さん

管理薬剤師の条件とは?

私は店舗の立ち上げから関わってまいりましたが、管理薬剤師の仕事も新規立ち上げの経験もない中からのスタートでした。そんな時私の頼るものは、行動力のみでした。
足りない経験や情報は先輩に自分から積極的に質問し、一つひとつ解決していきました。また開局後も予期せぬ出来事に遭遇する場合もあります。そんな時も、よく考え何が問題か、どうすれば解決するかを瞬時に判断していく必要があります。経験と知識、行動力を総動員して解決へと導いていくのです。

保険薬剤師としてのある程度の経験年数、今まで学習し身につけてきた知識、そして行動力が備わっていれば、どなたでもなれるチャンスがあるのが管理薬剤師ではないでしょうか。

すごい経歴を持っていると伺いましたが?

33歳までは色々な経験をしてきました。法学系学部卒業後は非鉄金属メーカーの営業マンとして。そこから転職し、書店従業員から書店店長へ。書店時代は全国の店舗を飛び回っていました。
その後薬科大に入学して今の道に入りました。寄り道人生ですが、今現在管理薬剤師として働いている中で、この経験がとても役に立っています。
書店店長はスタッフ管理や商品の在庫管理など店全般をまとめるのが主な仕事です。今も扱うものは違えど何か似ていますね。
また、城東店待合室に置いている患者さん用の雑誌は、私が選んでいるんですよ。いい雑誌があれば他店へ情報提供したりもしています。
人生経験で無駄なことはないですね。今改めて実感しています。