2019年4月入社 新卒社員座談会

2019年4月入社の新入社員で座談会を行いました。

参加者

  • 鈴木 雅弘
    薬剤師
  • 小川 拳
    薬剤師
  • 松橋 美沙来
    薬剤師
  • 若生 悠
    管理栄養士
  • 高橋 佳歩
    栄養士
  • 小林 慎太郎
    聞き手:桜店 管理薬剤師

入社して3ヶ月が経ちましたが、実際に働いてみてどうですか?

鈴木 雅弘(すずき まさひろ)
鈴木
3ヶ月経ちましたが、まだまだ先輩方には及ばす、自分の足りない部分が見えてきました。
小川
学生時代に比べて休みが少ないですね(笑)。でも、働いて給料をもらうということはこういうことかと日々実感しています。
若生
最初は戸惑うこともありましたが仕事をしていくうちにパソコンにも慣れ、患者様から管理栄養士としての質問もいただき、大学で学んだことを活かせています。
松橋
実習の時とは違い、会社の一員として働いているので責任を感じています。最初は、大変な部分もありましたが、徐々に仕事にも慣れ、できることが増えてきたと自分でも実感し、充実しています。
高橋
気づいたらあっという間に3ヶ月経っていました。まだわからないことばかりですが、店舗の先輩方が優しくフォローしてくれるので安心して仕事ができています。

大学で学んだ「薬学」「栄養学」を仕事に活かせてますか?またギャップは感じていますか?

小川 拳(おがわ けん)
鈴木
仕事にその知識を落とし込むことは難しいです。患者様に対しても知識を話すだけではないと感じます。患者様の求めに応じた内容や話し方がまだできていないと感じています。
小川
大学で学んできたことは基礎中の基礎なので、そのとおりに患者様に指導することは間違いではないけれども、患者様のためにはならないと思います。簡単な質問には答えられますが、それ以外のことについてはまだまだです。
若生
大学で国家試験の勉強を一生懸命したのですが、実際に聞かれることは、日常の身近なことを聞かれることが多いです。基本的なことをもっと勉強する必要があると感じました。
松橋
大学の授業で役に立ったと思うことは、相互作用を学んだので実際の仕事でも役に立っていると感じます。授業と違うことは、投薬時に自分の知識をいかに噛み砕いて患者様に伝えるのかが大変だと思いました。
高橋
大学で学んだ知識も大切ですが、先輩方の栄養指導を見学する機会があり、全部を教えるのではなく、患者様に寄り添って一緒になってひとつひとつハードルを越えていくことが大切なんだと思いました。
小林
管理栄養士の栄養相談はどのくらいの頻度で行っていますか?
若生&高橋
毎月、本店で行っています。1日に5~6人の方に行っています。先輩の栄養相談の様子を見学しています。
小林
見学だけですか?
若生&高橋
見学のほかに栄養計算ソフトを使って、お客様の栄養計算を行います。

入社後、嬉しかったことは何ですか?

松橋 美沙来(まつはし みさき)
鈴木
野球同好会に入れたことです。今まで取れなかったボールが取れるようになりました(笑)
小林
そういってもらえると同好会メンバーとしては嬉しいです!
鈴木
バットにボールが当たりません。もっと練習します!
鈴木
仕事の面では、監査や投薬を任せてもらえるようになりました。任せられて嬉しい反面、責任も感じています。嬉しいのと不安なのと両面です。
小川
投薬していて患者様にお礼を言われたことが嬉しかったです。先日、初めて飲むお薬の説明をしたときにお話しさせていただいた方から「次回もキミを指名するよ」と言っていただき、昨日その方から本当に指名していただきました。リピートしていただけると患者様のお話も丁寧に聞けますし、こちらのお話も熱心に聞いていただける気がします。この仕事をしてよかったと思う出来事でした。
若生
患者様に顔を覚えてもらったことが嬉しいです。隣のコンビニでも声をかけていただきました(笑)。私の苗字が読みにくいのか苗字から話が始まることもあります。薬局で働く人は声をかけてもらいやすい雰囲気作りが必要だと思います。気軽に話しかけてもらえるのが嬉しいです。
小林
コンビニで声をかけられるのはすごいね。コンビニの人にも話しかけられる?
若生
店員さんにも声をかけられます(笑)
松橋
入社直後は投薬時に「研修中です」と説明すると「頑張ってね」と声をかけてもらいました。最近では、「あなたのおかげで元気が出ました」と言っていただきました。まだ、小川さんのように指名はいただけていません(笑)。投薬後に名前を聞かれることもあり単なる薬剤師ではなく、見ていただけていると感じました。先輩方から「投薬が上手になったよ」と言ってもらい、とても嬉しかったです。
高橋
嬉しかったことは皆さんとても優しいことです。学生時代に栄養指導に興味があり、早い段階から実践できるのは薬局ではないかと思っていたので4月下旬から先輩の栄養指導を間近で見たりお手伝いができたりするのは、自分がやりたいことに近いので嬉しいです。
小林
その他に嬉しかったことはありますか?
全員
給料をもらえたことです(笑)
高橋
バスでイチゴ大福を食べたことです!
松橋
楽しかった~

どうやら熱海研修の初日に熱海駅でお土産を買ったときの話のようです。

サノ・ファーマシーの研修制度はどうですか?

若生 悠(わこう はるか)
鈴木
新人薬剤師の5ヶ月間の内容が決まっているので、しっかり順番を踏めていると感じます。症例検討会もありますので、何もない状態から自分で勉強するのは時間の都合もあり難しいと思うのですが、いろいろな症例を提示していただいているので勉強するきっかけになっています。資料もいただけるのでとてもよい制度だと感じています。
小川
他社と比べて研修期間が長いと聞きました。短いと数週間、長くても1ヶ月だそうです。1ヶ月の中で患者様への対応、接遇の講義を聴くだけの場合もあると聞きました。薬に関する研修は現場に配属されてからになるということのようです。サノ・ファーマシーでは症例検討会が科に分かれているので、自分でわからないことは勉強して知識をつけることができます。先輩方からの説明でさらに知識がついていると実感しています。
若生
わかるまで丁寧に教えてくれるので何も言うことはありません!
松橋
東京と熱海の研修では、入社して間もない人たちと一緒に過ごしたことでグッと距離が縮まりました。症例検討会は他社、特に大手では1ヶ月にまとめて行うようですが、サノ・ファーマシーでは1週間に1回、5ヶ月かけて行うので段階を踏んでできています。短期間で行うと忘れがちになりますが、1週間に1回だと積み上げていけるのがよいと思います。また、1週間に1回同期の薬剤師と会えるので、近況報告も出来てよいと思います。
高橋
東京と熱海の研修は楽しかったです。当日は大変でしたが、帰ってきてから楽しかったと思いました。今は覚えることが多いですが、自分でやりたいと思うことは言える環境なのでよいと思います。
小林
あの研修を楽しめるっていいよね・・・

皆さんそれなりに楽しんだようですが、小林さんは過去の記憶がよみがえったようです。

休日はどのように過ごしていますか?

高橋 佳歩(たかはし かほ)
鈴木
ボクはアクティブなので各地に出かけて見聞を広めています。野球同好会で試合もしました。
小川
話せないこともありますが・・・小林さんに釣りに連れて行ってもらいました。ペット3匹と戯れています。
小林
色は?噛まれたことある?
小川
色は紫と茶色と虹色で、紫に1回噛まれました。ちょっとだけ腫れました。そんなペットに癒されています。現在40センチぐらいで最大150センチぐらいになります。

この後、ペットの動画を見せてもらいました。全員テンションが上がりました。(どんなペットでしょうか??)
若生
友達と遊んでいます。海に行ったり花火をしたりしています。近所に公園があるので走ったりウォーキングをしたりと運動もしています。飲みにも行ってます!
松橋
休みの日は飲みに行く・仙台に行く・旅行に行くかです。家にいる場合はドラマを見ています。
高橋
友達と遊ぶか飲みに行くかです。近所のジムでボクササイズもやっています。
鈴木
ボクもジムに行く・・・予定です。

将来どのような「薬剤師」「管理栄養士」になりたいですか?

鈴木
薬のことでわからないことがあったらあの人に聞いてみようと名前や顔が浮かぶ薬剤師になりたいです。
小川
地域の皆さんに親しまれる薬剤師になりたいです。
若生
信頼される管理栄養士になって「このことは若生さんに聞こう」って言ってもらえるよう頑張ります。
松橋
患者様から親しまれる薬剤師を目指しつつ、先輩方のように後輩に優しく、ゆくゆくは後輩の手本となる薬剤師になりたいです。
高橋
小さなことでも相談され、何でも話してくれる雰囲気の管理栄養士になりたいです。

現在就職活動中の学生の方にひと言お願いします。

鈴木
実習した薬局に就職するのもいいかもしれませんが、それだけだと視野が狭くなるので、まわりの方に地元の薬局のことを聞いてみるのもいいかもしれません。自分のやりたいことと照らし合わせて決めていったほうがいいと思います。サノ・ファーマシーに入社してくれたら嬉しいです。
小川
給与面だけで決めた人、学校内の案内だけで決めた人もいたのですが、実際に店舗に行ったほうがいいと思います。実際に訪問しないとわからない点も多いです。職場の雰囲気も確かめたほうがよいと思います。いろいろな薬局を訪問するのもお勧めです。
若生
病院や保健所などいろいろな職場があるので実習を通して、予防・治療のどちらに進みたいのかを決めるのもよいと思いますので、頑張ってください。
松橋
就活の時期が卒論発表などと重なり、忙しかったです。だからと言って妥協するのではなく、ここだけは譲れない部分があると思いますので、店舗に足を運んで決めたほうがよいと思います。私は職場の雰囲気の良さは譲れない部分でしたので、サノ・ファーマシーに決めました!
高橋
私は栄養指導がやりたかったのですが、栄養士の時点で栄養指導に携われる職場はどこか?と考えたのですが、秋田県内ではサノ・ファーマシーしか思いつきませんでした。栄養指導に入社してから早い段階から携われるのは魅力です。
若生
薬局は人と人との距離が近く、薬剤師も管理栄養士も自分の資格を活かして活躍できる場ですので、是非サノ・ファーマシーに入社してください。

皆さんありがとうございました。

前のページに戻る